ベルタHMBの主成分、HMB、BCAA、クレアチンって何?

ベルタHMBサプリの主成分について

ベルタHMBサプリには、筋力UPに関係する主成分として、HMB、BCAA、クレアチンが入っています。

 

HMB、BCAA、クレアチンがベルタHMBサプリにどのくらい入っていて、それぞれがどのような効果をもたらすのかをご紹介して行こうと思います。

 

他に候補に挙がっているHMBサプリと比較材料にしてもらえれば嬉しいです♪
この画像を見れば一目瞭然な気がするけど(笑)

ベルタHMB,クレアチン,HMB,BCAA

 

だけど、BCAAとクレアチンを2500mg、500mg摂取できるのは、ベルタBCAAとベルタHMBの美ボディパックというものに申し込む必要がありますってことは注意しておいてくださいね。

 

 

ベルタHMBの飲み方については、こちらをご覧ください。
基本、食事後に1000mg摂取するというのが、一番効果的な飲み方ですよ。

 

ベルタHMBサプリの効果的な飲むタイミング

 

 

ベルタHMBにどのような成分が入っているのか気になる方は、こちらをご覧ください。
ベルタHMBの配合全成分について

 

 

HMB

ベルタHMBには3000mgのHMBが配合されています。

 

だけど、HMBの記載方法っていうのはHMB販売会社によって違うんですよ。

 

何粒あたりで○○mg摂れるとか、一袋の総量で○○mg摂れるますとか、会社によって記載の仕方がマチマチです。

 

なので、ベルタHMBサプリ以外のものを選ぼうとする場合の基準として、そのHMBを毎日平均して飲んで、どのくらいのHMBを摂取できるのかっていうのをしっかりと調べておきましょう。

 

例えば、一袋に45000mg配合!って書いてあっても、それを30日で割ると、1500mgしか摂れないことになりますからね。
(一応1日の推奨摂取量は1500mg〜3000mgって言われています)

 

 

ベルタHMBサプリはというと、8粒で3000mgのHMBを摂取することができます。

 

そして、一袋の240粒入っているので、毎日8粒ずつ飲んでも30日飲めるわけで、毎日推奨量の3000mgのHMBを摂取することが可能なのでHMB配合量としてはクリアですね♪

 

HMBってなに?どんな効果があるの?

HMBとは必須アミノ酸であるロイシンの代謝した時に生成される成分であり、体内ではロイシンを摂取したときにのみ生成される成分なので、クレアチンと違って体内で勝手に生成される成分ではありません。
しかもロイシンの5%しか生成されないという、とても貴重な成分。
だから、筋肉合成の基であるHMBを多量に摂取しようとするのなら、サプリで摂るのが効果的・・・というか、サプリで摂らないと不可能ですね(笑)

 

どのような効果があるかというと、筋力アップ、筋肉分解抑制、筋肥大、サルコペニア予防(加齢や疾病によって筋力が低下すること)が挙げられます。
なので、筋力アップをしたい人、つけた筋力を維持したい人、のみならず加齢に伴う筋力の低下を予防したい人にもお勧めな成分です。

 

言わずもがなですが、HMBを飲んだだけでは筋力は付いていきません。
しっかりと筋トレをした上で、HMBを摂取しないと筋力アップ、筋肥大の効果は望めません。

 

しかし、筋分解抑制、サルコペニア予防という観点からは、運動や筋トレをしなくても効果はありそうですね。

 

 

推奨摂取量 効果が現れる期間

推奨摂取量は1500〜3000mgと言われています。

 

アメリカの実験で、@HMBなしのグループ AHMB3000mgを与えたグループ BHMB6000mgを与えたグループで実験をしたところ、@とAのグループではAの方が筋力が180%アップしたという臨床結果が出たらしいです。

 

逆にAのグループとBのグループでは、筋力の違いはほとんど現れなかった模様。

 

そんな事もあり、推奨量が1500mg〜3000mgと言われているようです。

 

 

また、効果が現れる期間として、こんな臨床結果が現れたようです。

 

男子陸上短距離走14名にHMBを与えて、4週間後に採血したところ、トレーニング者においては短期間(4週間)で、筋力や除脂肪体重(脂肪を除いた筋肉や臓器などの体重)に大きな変化は現れなかった。
※参考 日本体育大学大学院 体育科学研研究科の臨床結果より

リンク先は、読まなくていいです(笑)。

 

簡単に言うと、トレーニング経験者は過度なトレーニングをするか、長期間HMBを摂取しないと、HMBの効果はあまりないよってことです。

 

だけど、これはトレーニング経験者に言えることであり、日頃あまり運動をしていない一般人には当てはまらないですね。
トレーニング経験者は体にすでに十分な筋力がありますから。

 

別のHMBサプリの口コミをみても、一般人だと早い人で1ヶ月くらいから、その効果を感じている人が入る模様。
それだけ今まで運動不足だったのか(笑)、はたまた一念発起して筋トレ頑張ったのかは不明ですが、少なくともアスリートよりも早い段階でHMBの効果を感じられるのではないでしょうか。

 

 

 

こちらの動画もとても参考になりますし、私が言うよりも説得力がありますね(笑)
あの(どの?)イエガー博士が詳しく簡単にHMBについて説明してくれています。

 

 

BCAA

ベルタHMBサプリにはBCAAも入っています。

 

しかし、BCAA2500mgを摂ろうと思ったら、ベルタBCAAも併せて摂らなくちゃいけないので、そこは注意してください。
確か、月額で10,000円くらいだったかな?

 

BCAAって何?こんな効果があるの?

BCAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸の事を言います。

 

このBCAAの中のロイシンにスポットを浴びせたのが、HMBですね。

 

どんな効果があるのかっていうことですが、筋力アップはもちろんのこと、持久力向上、疲労回復効果もあるなんていわれています。

 

このBCAAは体から作り出すことはできず、食品などから摂らなくちゃならないため、効率よく摂取するためにはサプリで摂取するのが一番です。

 

また、運動や筋トレをすると体内のBCAAは徐々に消費されていきます。
体内にBCAAが不足してくる、なくなると、体は筋肉を分解してBCAAを作り出そうとします。

 

なので、アスリート志向の強い人は、HMBのみならずBCAAも併せて摂取することをお勧めしますが・・・

 

 

私達、一般人にはそこまでの量のBCAAは必要ないかなって思います(笑)

 

クレアチン

クレアチンもベルタHMBに入っていますが、500mg摂りたいと考えているのなら、ベルタBCAAも併せて買う必要があります。

 

クレアチンにどのような効果があるのかですが、基本的にクレアチンは筋肉の増強や分解に直接影響のある成分ではありません。

 

どのような効果があるのかと言うと、無酸素運動時のパフォーマンスを上げるというのが主な効果と言われています。

 

簡単に言うと、クレアチンを飲むとハードな筋トレをするやる気が出るって感じか?違うかな?(笑)

 

いつも10しかできない筋トレや運動が、クレアチンを摂ることにより20出来た。
その結果、HMBやBCAAの効果と相まって、相乗効果が期待できるって感じです。

 

だから、クレアチンもBCAA同様、アスリート志向の高い人は摂ったほうがいいと思いますが、健康やダイエット目的で筋トレ、運動を頑張ろうっていうくらいの私みたいな人は、そこまで必須な成分だとは思いません。
そういう事もあり、私はベルタBCAAは買わず、ベルタHMBのみのコースに申し込みました。

 

ベルタHMB単品のコースだと、初回は980円で安いですけど、2回目以降は6,480円。
ベルタHMB&ベルタBCAAだと、初回は1,390円で2回目以降は、9,800円

 

ベルタHMB 6,980円 4回総額20,420円
ベルタHMB&ベルタBCAA 9,800円 4回総額30,790円

初回は両方とも格安になっているので、気にならないと思いますが、ベルタHMB&ベルタBCAAだと、3,000円ほど高くなっちゃうんですよね。
その3千円を追加して出すほど、私はアスリート思考が高いのかって聞かれたら、NOなのでベルタHMBだけにしておきました(笑)
意識低いですね(・´з`・)

 

 

BCAAサプリも毎日飲むとなると、実は結構いいお値段するので、もしあなたの意識が高くBCAAも併せて摂ろうと考えているのなら、ベルタHMB&ベルタBCAAのコースを申し込むべきですが、BCAAは運動前に飲むのが効果的(運動でBCAAが少なくなっていくから)なので、私のように週1〜2回しか運動をしないタイプなら
ベルタHMB,クレアチン,HMB,BCAA

 

こんな感じの、飲みきりタイプのものをその都度買うほうがコスパはいいのかなって思います。
ドラッグストアや量販店で手軽に買えますしね。

 

ベルタHMBにもBCAA、クレアチンも一応成分として記載されているので、少量かもしれませんが、ベルタHMBのみでもBCAA、クレアチンを摂れますよ。

 

ベルタHMBの全成分について

 

 

私のようなタイプの人は、ベルタHMBのみで大丈夫だと思います!!

 

>>公式サイトで口コミなどをチェックしてみる?<<

page top